2008年06月01日

さくらサーバにインストールF

さて、ここまできたらあと少しです。

http://あなたのドメインURL/?m=setup

ここにアクセスして、管理者情報を入力後にセットアップモジュールを実行します。

セットアップモジュールの実行が終了したら、管理画面を開きましょう。

http://あなたのドメインURL/?m=admin

adminというのは、webapp/modules 以下にあるフォルダの名前なので、
adminというフォルダの名前を変更すれば、セキュリティが強くなります。


以上でOpenPNEのインストールは終わりです。

ただこのままだと、携帯メール機能がうまく使えないので、Gmailを使った方法で設定する必要があります。
posted by SNS管理者 at 03:38| Comment(0) | sakuraサーバにインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

さくらサーバにインストールE

さて、ここまできたらあとはファイルをアップロードします。

アップロードにはFFFTPなどのソフトを使うと非常に簡単です。
FFFTPはフリーソフトなので、窓の杜などでダウンロードしてください。

さた、アップロード先ですが、さくらサーバの自分のID以下に、以前のさくらサーバにインストールBのページで書いたように、OpenPNE本体とpublic_htmlと分けてアップロードします。

つまりFTPソフトを使って、それぞれに以下のファイルとフォルダをアップロードして下さい。

/openpne/以下
-bin
-lib
-var
-webapp
-webapp_biz
-webapp_ext
config.php.sample
LICENCE

/www/sns/以下に-public_htmlの中身を配置します。


これは以前も書きましたが、さくらでAliasの設定により契約ドメイン以外のドメインを利用した方法の際の設定です。

次に、ファイルのアクセス権を設定します。

777だとさくらでは動作しないようなので、書き込み権限を与えたいファイル、フォルダは707に設定するのがよいでしょう。

詳しくは、公式インストールマニュアルを確認しましょう。
posted by SNS管理者 at 16:53| Comment(0) | sakuraサーバにインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

さくらサーバにインストールD

まず最初にごめんなさい。
今回の内容と前回とが前後反対でした。
まず、今回のデータベース設定を先にやっていただいたほうが、分かり易いと思います。

前回の内容の中でデータベースの設定を書き込む部分があったのですが、今回の内容を見て設定してください。


さて、さくらのコントロールパネルからデータベース設定へ。phpmyadminのアイコンをクリックしてデータベース作成画面へ。

Languageにja-UTF-8、DBサーバを選んで、(コントロールパネルにどのデータベースサーバが使えるか表示されています)
パスワードを打ち込んでログインします。

phpMyAdminへようこそという画面が表示されるので、データベースと書いてあるところをクリックします。

自分のアカウントと同じ名前のものがあるのでそれをクリックします。

すると上のほうにタブがいくつか出ているのでSQLというタブをクリックします。
画面下のほうにフォームが出てくるので、解凍したファイルの中にあったmysql_001_table_structure.sqlを実行します。
(多分OpenPNE/setup/sql/の中に入っていると思います)
参照でそのファイルを選んで実行を押すだけです。

続いて同様にmysql_002_init_data.sqlも実行します。
これでデータベースのセットアップが終わりました。

posted by SNS管理者 at 15:11| Comment(0) | sakuraサーバにインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくらサーバにインストールC

設定ファイルの書き換えについてです。

書き換えるファイルは二つ。

@config.php
config.php.sampleの名前をconfig.phpに変更して下記を修正

// Web上の絶対パス(URL)(最後にスラッシュを付けてください)
define('OPENPNE_URL', 'http://*ドメイン*/');

// DBサーバ設定
$GLOBALS['_OPENPNE_DSN_LIST']['main'] = array(
'dsn' => array(
'phptype' => 'mysql',
'username' => '*さくらのユーザーID*',
'password' => '*DBのパスワード*',
'hostspec' => '*DBサーバー*',
'database' => '*さくらのユーザーID*',
'new_link' => false,
),
);

// DB暗号化キー(56バイト以内のASCII文字列)
define('ENCRYPT_KEY', '*暗号化用のパスワード*');

// メールサーバードメイン
// 携帯メール投稿の宛先などのドメイン名に使われる
define('MAIL_SERVER_DOMAIN', '*さくらのユーザーID*.sakura.ne.jp');

Aconfig.inc.phpの変更
snsフォルダにあるconfig.inc.php内のパスの設定を変更する
define('OPENPNE_DIR', realpath('../../OpenPNE/'));

以上です。簡単でしょ?
posted by SNS管理者 at 14:43| Comment(0) | sakuraサーバにインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

さくらサーバにインストールB

ドメイン設定とファイル構成についてです。

独自ドメインをすでに持っているなら、それを使ってもいいでしょうし、さくらサーバでドメインを取得することもできます。

今回は、さくらのドメインを取得して設定します。

まず、さくらサーバと契約する際にドメインをひとつ獲得したと思います。ですが、今回はそれとは別にドメインをさらに追加して、設定します。これにより、DBなどのファイルをウェブから見えなくすることができるようになり、お勧めです。

まず、さくらのコントロールパネル右下のドメイン設定の、ドメインの設定をクリックし、好みのドメインを取得します。
(間違えて新規ドメインの取得をクリックしないように!こちらは有料です。)

そしてドメインの追加で好みのドメインを検索し、あいていれば設定します。

次にドメインの指定方法を選択する画面が表示されるので、エイリアスとして利用するを選択しますしょう。

そしてエイリアスの対象フォルダを指定します。

/home/指定したドメイン名/www

とあるので、その下に /sns

と設定します。

ここはWWWのウェブ公開フォルダの下なので、基本的に公開されるフォルダであり、設定したドメインにアクセスすると、このフォルダにアクセスすることになります。


次にファイル構成ですが、今設定したドメイン名/www/snsと
もうひとつは、ドメイン名/openpne という二つのフォルダにすべてのファイルを設置します。

今回フォルダを二つに分けたのは、先ほども書いたように、ウェブから自由にアクセスできるファイルとできないファイルを区別して配置するためです。セキュリティ上の対策といえます。

そしてFTPソフトを使って、それぞれに以下のファイルとフォルダをアップロードして下さい。

/openpne/以下
-bin
-lib
-var
-webapp
-webapp_biz
-webapp_ext
config.php.sample
LICENCE

/www/sns/以下に-public_htmlの中身を配置します。

それから -setup
これは動作には関係ないファイルですので、アップする必要はありません。

とりあえず今回はここまで。

次回はファイルの設定を書き換えます。
posted by SNS管理者 at 06:04| Comment(0) | sakuraサーバにインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

さくらサーバにインストールA

前回、OpenPNEの最新安定板をダウンロードしたところまでお話しました。

次にインストール先のサーバを借ります。

今回は、値段も安く、人気NO1のレンタルサーバである、さくらサーバを借ります。





OpenPNEのインストールにはデータベースとMySQLが使える必要があるので、スタンダードタイプ(1GB)以上を選択して下さい。

ぼくのお勧めは最初はスタンダードタイプで、ユーザ数が増えてきて容量が足りなくなってきたら、プレミアムタイプにグレードアップしましょう。


おまけに、お試し期間が2週間ついているので、この間にインストールを試してみて、難しそうなら辞めるっていうのもありだと思います。

といってもサクラサーバで無理なら、他も難しいと思いますが、、。

申し込みしてからしばらくしてメールにIDとPassが送られてきたら、インストールを開始します。

前回ダウンロードしたファイルを早速アップロード、といきたいところですが、その前にドメインの設定と設定ファイルの書き換え、ファイル構成を考えないといけません。

次回はドメイン設定とファイル構成についてです。
posted by SNS管理者 at 19:41| Comment(0) | sakuraサーバにインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

sakuraサーバにインストール@

最新のOpenPNE2.10.2をインストールします。

まず、公式サイト(http://www.openpne.jp)よりダウンロードします。

最新安定板をダウンロードして下さい。

開発版でもいいですが、まだバグ出し中のバージョンですので、バグ修正を自身でできない方は安定版をインストールするほうが無難です。

最新安定版【OpenPNE2.10.2】
[tar.bz2版ダウンロード]
[tar.gz版ダウンロード]
[zip版ダウンロード]

というように三つの圧縮形式でダウンロードできます。

どれでもよいですが、今回、ウィンドウズ上で一番解凍ツールが沢山出回ってそうなzipでダウンロードします。

無事ダウンロードが終わったら、解凍ツールを使って解凍しましょう。

解凍すると下記のファイルが出てきます。


\OpenPNE-2.10.2(-xxはフォルダ)
-bin
-lib
-public_html
-setup
-var
-webapp
-webapp_biz
-webapp_ext
config.php.sample
LICENCE

次回はサクラサーバの契約とアップロードについてです。
posted by SNS管理者 at 16:32| Comment(0) | sakuraサーバにインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。