2007年11月11日

SNSの現状

SNSといえば、Mixiが有名ですが、それ以外にもヤフーや大手インターネット会社が運営するSNSは沢山あるんですね。

下にWikiで調べたSNSの定義を書きますが、本当に色々な種類のSNSがあるんですね。


基本的な機能
プロフィール機能
ユーザ追跡機能
日記(ブログ)機能
コミュニティ機能
メッセージ送受信機能
足跡機能

その他の主な機能
サービスによっては以下の機能を提供している所もある。

RSS機能
アドレス帳機能
レビュー機能
カレンダー機能
アルバム機能
動画共有
紹介文機能
ゲーム機能
デコメ作成機能

ビジネスモデル
SNSのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。


広告収入モデル
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としているSNSはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーをサイト上に滞在させ、PV(ページビュー)を獲得できるかがこのモデルの鍵となる。SNSで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
posted by SNS管理者 at 07:52| Comment(0) | SNSとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただの流行?

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英語: Social Network Service, SNS)の略で、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスのことです。

登録制、招待制などのいくつかの仕組みがあり、そのサービスのポリシーごとに分類されます。

代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして日本最大の会員数を持つmixi、世界最大の会員数を持つMySpaceなどがあります。

又、2004年頃より大手企業各社でも社内でのコミュニケーションの活性化や内定者囲い込み、SOX法対策等にも使われはじめており、有名な事例としてはジョンソン&ジョンソン、NTT東日本の社内活用や、総務省の省内活用があげられる[1]。社内SNSには情報の地域間格差を解消するために導入している企業も多いとのこと。

ただの流行ではなく、しっかりと根を持ったシステムとして定着し、ますますの発展が期待されています。
posted by SNS管理者 at 07:43| Comment(0) | SNSとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。